【愛着の治癒】自分の色がないカメレオンが見つけた安全基地の作り方|双子自己対象という生き方

Two chameleonsおすすめ
この記事は約11分で読めます。
ソレア心理学ゼミナールのYouTubeチャンネル登録はこちらをタップしてください。 (タップするとゼミナールの紹介動画が自動再生されるので音量に注意ください。)

・自分には愛着の問題があると分かってはいるが、改善しない
・安全基地が必要と分かっているが、なかなか作れない。どうすればいい?

愛着障害の人が回復していく過程は、安全感を作っていく過程であると言ってもいいでしょう。安全基地を作る、それが最優先です。しかし、それがとても難しい。それを推し進めるものは、【双子】という概念です。今回は、これを理解するための本を3冊紹介します。

  • じぶんだけのいろ いろいろ さがした カメレオンの はなし (レオ・レオニ)(*1)
  • 自己の治癒(ハインツ・コフート)(*2)
  • コフート心理学入門(和田秀樹)(*3)

この記事は、のべ2万人余りの悩みを聴き続けている、マインドフルな臨床心理士が学んだことを中心に、最新の知見をお伝えします。

前半は、カメレオンの話。このレオ・レオニの本だけを味わってもらえれば十分です。
後半は、カメレオンの話を心理的に説明した2冊を紹介します。

この記事を読めば愛着の回復のために必要な核心部分が分かります。

  • つまり、安全基地とは何であるのか
  • そしてその作り方はどうすればいいのか

そして、この核心部分の理解は、相談者の方だけでなく治療者にも役にたつものになるでしょう。

■カメレオンは安全基地の作り方を教えている

Two chameleons
You and I will always be alike. ぼくらは いつも 同じさ

次のようなツイートをしています。

レオレオニの絵本【じぶんだけのいろ】人生の一冊としておススメです。
カメレオンは周囲の色で変化するので自分の色がありません。自分の色を探しに旅に出た若いカメレオンが見つけた真実の幸せとは?この絵本、コフートの双子自己対象の話です。涙腺がゆるみます。愛着障害の人はぜひ!

なぜレオ・レオニのカメレオンの本なのか?それは、この本が、愛着障害の人の生き方である、【人に合わせる生き方】の全面的な超肯定だからです。じぶんのいろを持たなくていいよ、というメッセージそのものだからです。

ストーリーはとても短いです。自分の色を探しに出た若いカメレオンは賢いカメレオンと出会います。そして賢いカメレオンは言います。
「こうやって一緒になっても、ぼくらは行く先々で、まだ色を変えるけど…ぼくらは、いつも同じさ」(you and I will always be alike.)ここが涙腺ポイントですね。

つまり「一緒に」色を変えること、ここが一番大切だよ、と教えるのです。「一緒にやること」ここが安全基地だと教えているのです。

一緒に色を変えてもらったことのない愛着障害の人は、そう言われても怖いでしょう。それでいいですよ。そのうち、おっかなびっくりでも一緒に変化することを実感していきます。そうやって、一緒に居られるようになります。

でも自分があったほうがいいじゃん、と思う人もいるでしょう。それは愛着がたっぷりある中を育ってきた人ですね。そういう人はちゃんと自分の色を探しましょう。

◇カメレオンとは同じ病理を持った人ではない

「ぼくらはいつも同じ」という言葉ですが、これは同じ病理を持っていることを前提としているわけではありません。同じ愛着障害どうしという状況もありますが、このカメレオンは、そこで始終しているわけでありません。同じ境遇の者どうしの出会いというほうが分かりやすいですが、そういうことではないのです。

  • 人に合わせながら、孤独に生きている人がいる
  • 人に合わせながら、孤独に生きている、もう一人の人がいる
  • このふたりが出会って、ふたりとも同じだと知る
  • 何も変わってはいないけれど、ふたりなら何とかなる、楽になる

自分と似ている孤独の質を持った人がそばにいるということは、ホッとしますよね。孤独はひとりですが、それでも誰かがそばにいることから、新しい感覚が導き出されてきます。それが「何とかなる」です。何とかなるという感覚は、孤独に生きる人の人生に、プラス方向に作用するでしょう。

この感覚、量子力学の中にも似た現象があります。心理学からは離れますので、この記事のラスト「ぶらり、宵まち、さんぽ道(番外編)」で紹介しておきます。

愛着のない中を生きてきた人は、このようなカメレオンのような生き方が合っているのです。そのカメレオンの生き方そのものが安全基地になります。それをお伝えしたのが次のツイートです。

愛着障害の人は、カメレオンのように【自分の色】がありません。そのように人に合わせて生きてきたので、自分の色を持てません。ただ合わせるだけ、カメレオンのようです。これはとても生きづらいですが、いつか双子自己対象に出会えば、人生は動き出します。カメレオンとして生きていけるでしょう。
カウンセラーが双子の役割をする場合があります。双子の補助にアニマルセラピーを。つまり動物を飼って育てるのも一つの方法です。

さて、双子自己対象とは何でしょう?

■コフートの双子で、安全基地を作る

Twin baby feet and parents' palms
母の手、父の手、そして双子

精神分析家であるハインツ・コフート の双子自己対象について簡単に説明しておきます。コフートは自己心理学という精神分析の一派を率いていました。精神分析といいながら決定的に違うのは、コフート心理学は【共感の心理学】なのです。

傾聴、受容、共感のロジャーズ(来談者中心主義)に近いのです。ロジャーズと違うのは、もっと積極的に共感するのです。ですから愛着障害治療に最適の技法といえます。

コフート心理学には、3つの自己対象が登場します。

  • 鏡自己対象:この人はどんなことがあっても私の味方でいてくれるという対象、つまり母性です。
  • 理想化自己対象:この人がいれば大丈夫という対象、つまり父性です。
  • 双子自己対象:この人は自分と似ているという対象、つまり親友です。

コフートの本は難解かもしれないので、それを分かりやすく書いた、和田秀樹先生の本で理解するのもいいでしょう。

◇愛着障害の人は、鏡自己対象(母性)によるケアが欠損しているが…

普通2歳までに獲得するものが基本的信頼感です。この信頼感があることで世界は安全だと知り、世界に出て行く力が付きます。愛着障害の人は、この基本的信頼感が得られなかった人です。この信頼感は、鏡自己対象つまり母性との交流を経て獲得していくものです。ですから、愛着障害の人は、この母性との交流が重要になります。

この母性の次に重要なのが、理想化自己対象つまり父性です。父性が登場するのは、発達心理学上では3歳以降、イヤイヤ期が終わる頃です。学童期に入る頃に父性が登場してきます。学童期は理想に燃える時期ですので、この時期に父性が登場することはなんとなく理解いただけると思います。

こうやって安全基地を作る上では、まず母性、次に父性が重要であることが分かりました。

愛着障害の人は、母性によるケアがはく奪されているため、母性の補充が一番大切になります。しかし実母からそれを得ることができないため、他のもので代理するしかありません。

そこで母性の代わりになるものとして、カウンセラーや友人、学校の先生、図書館の本、パートナーなどが代役を果たします。これらは強力なサポート資源になりますが、母性そのものになるかというと、そう簡単にはいきません。

カウンセラーが安全基地となって愛着障害の人をがっしりと受容して支える「愛着安定化アプローチ」(*5)は、治療者が母性の肩代わりをしていくものです。母性は必要なのですが、本当に実母の肩代わりできるかというと、そんなに簡単なものでもありません。例えば、真夜中の緊急電話に即対応できるか?というと、かなり難しいでしょう。

では、父性はどうでしょうか。こちらも実父の肩代わりですから難しいのです。母性や父性をカウンセラーが目指すのはいいのですが、里親になるくらいの覚悟がいるかもしれません。それは治療者としては役が重すぎるでしょう。

そこで期待されるのが、孤独に楽しく生きているカメレオンです。双子の登場です。親友ですね。時に母性と父性を与えつつ(愛着の安定化)、双子として接する。治療者は、カメレオンとして接するため、孤独を楽しめる技術が必要になります。

岡田先生は、「愛着修復的アプローチ」も提案しています。これは不安定な愛着関係を作ることになった実母(本来の養育者)との関係を修復していくアプローチです。こちらのほうが、より理想的とは言えますが、修復不可能な関係を修復しようとしているため、非現実的なアプローチといえるでしょう。

なぜ実母との関係が修復不可能か、それは脳機能の障害があるからです。参考記事をご覧ください。

以上から、愛着安定化をめざした双子的アプローチが最も有効でしょう。

■具体的にどのように安全基地を作っていくか?

安全基地の条件として、岡田尊司先生は次の5つのポイントをあげています(*5)。

  • 安全を保証してもらえる場所
  • 共感してもらえる場所
  • 求めたときにすぐに応じてもらえる場所
  • 対応に一貫性・安定性がある場所
  • 何でも話せる場所

カウンセリングルームの中で、カウンセラーと対話しているときは、この上の条件を満たしているといえるでしょう。ただ、カウンセリングルームを飛び越えて、日常の中でもこのような場所を増やしていけるといいですね。この5つのポイントを集約すると【共感してもらえる場所】ということです。

カウンセリング以外の場所で、カウンセラーとつながっているということも心強いでしょう。例えば、

  • SNS、メール、緊急電話等を、したいときにできる
  • Webサイトが充実しており、担当のカウンセラーの記事がいつでも読める
  • 担当のカウンセラーの著書が手元にある

さきほど、カウンセラー、友人、学校の先生、図書館の本、パートナーが安全基地の代役になり得ると紹介しました。それ以外にも、もっと強力な安全基地があります。それは、

自分の子ども

これは、「子どもを頼りにして、子どもを安全基地にする」という共依存的な話ではありません。これは「やさしさの循環」、つまり相互依存の話と言えます。どのように循環するのかというと、

  • 子どもとの情緒交流を通して、自分がこれまで得られなかった安心感を回復させていく
  • そして、自分の中で育ったホッとした表情を子どもが垣間見ることで、子どもも安心していく

精神科医の高橋和巳先生は、異邦人つまり愛着障害の臨床として大切なものは、積極的傾聴(共感)であるとしています。具体的には、

  • 通常の傾聴に対して、少し積極的にかかわる
  • 相手の感じている心地よさを積極的に拾い上げて、フィードバックしていく

■まとめ

今回の話を一言でまとめると、

カウンセラーが孤独を楽しく生きているカメレオンとして、愛着障害の人の話を積極的に傾聴していく。

次の記事も回復への道筋を書いています。参考にしてください。

いつか双子と出会えれば、それだけであなたは幸せの意味が分かるでしょう。

Twin Amanita muscaria
そして二人は幸せに暮らしたとさ。おしまい。(カメレオンの話より)

ぶらり、宵まち、さんぽ道(番外編)

量子力学では超伝導という物理現象があります。これは絶対0度付近まで温度を下げると、抵抗がゼロになって電流が流れ続けるという現象です。それは、JR東海が開発中のリニア中央新幹線(*4)の心臓部の話になります。超高速を出すためにリニアモーターという超電導コイルを使っているのです。

なぜ電流が流れるときの抵抗がゼロになるかというと、電子(マイナス)と電子(マイナス)が極低温領域では、クーパーペアというペア状態を作ります。マイナスとプラスが引き合うのが常温で見られる現象ですが、極低温ではマイナスとマイナスが引き合うのです。このクーパーペアの状態が作られることで、抵抗がゼロの、夢のような状態が実現します。クーパーとは、この現象を発見した人物の名前です。のちに他2名とノーベル物理学賞を取ります。

孤独どうしが引き合って、楽になる、なんとかなるー私は、このカメレオンの話を思い出すたびに、どことなくクーパーペアを思い出してしまうのです。

クーパーペアはニュートン力学では考えられない、量子力学の世界です。私たちの多数が経験している世界はニュートン力学の世界といってもいいでしょう。その中で愛着障害を負った人々は、量子力学のような世界で、自分の独自の世界観とともに生きています。

Reference

(*1) レオ・レオニ:じぶんだけのいろ, 好学社, 1978
(*2) ハインツ・コフート:自己の治癒, みすず書房, 1995
(*3) 和田秀樹:コフート心理学入門, 青春出版社, 2015
(*4)リニア中央新幹線, https://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp/
(*5)岡田尊司: 愛着障害 子ども時代を引きずる人々, 光文社新書, 2011

それでも愛着の問題が解決しない場合は、ソレア心理カウンセリングセンターへ 相談する

タイトルとURLをコピーしました