1
0件のコメント

はじめまして。スタエフで推薦されてた高橋和巳先生の『親は選べないが人生は選べる』を拝読しました。

161頁の愛着障害についての言及、

いつも他者に対して「良心過剰」で「罪悪感に悩まされ」

について質問です。こちらは高間先生も見解は同じでしょうか?私は自分が愛着障害とは思えていないのですが、ここは該当します。良心過剰と自認することには正直抵抗がありますが、良心的でなければと強迫的な心理が働きます。客観的な視点からその自分を見ると過剰だし、その言動のために周囲とズレていること時折気づかされます。とくに成人してからはこの特性はマイナスに感じるようになりました。子供なら良い子で済みますが大人になってもこれをやってると周りはシラけますから。またこれは愛着不全の優等生タイプの思考パターンにも感じます。

いずれにしても「良心過剰」「罪悪感に悩まされる」の心理背景はどんなことがあるのでしょうか?

質問は回答が閉め切られています
ソレア心理カウンセリングセンター 解決済です 2023年1月5日