0
0件のコメント

Kindle本140頁「目に見えない情緒的ネグレクトがあるこのヒトたちこそ、愛着障害グレーゾーンと言ってもいいでしょう。」は高間先生の最新の臨床見解でしょうか?以前から先生の発信で学ばせて頂いてるのですが情緒的ネグレクト=愛着障害グレーゾーンとは思っていませんでした。

愛着障害グレーゾーンは稀で原因になる親は情緒的ネグレクトの程度が激しいASD(IQ100以上)であり「基本的信頼感は形成されてるが継続的な情緒的ネグレクト状態にあった」と理解していました。情緒的ネグレクトの原因になる親は軽度知的障害(IQ65前後)で愛着形成はできず情緒的ネグレクト単体でも基底欠損であり愛着障害グレーゾーンではなく愛着障害だと思っていました。また境界知能(IQ85前後)の親は身体的虐待など目に見える虐待をする傾向にあるとも読ませて頂いてた記憶があります。

まとめると私の理解では、グレーゾーンの原因になる親はIQは普通域100以上で愛着形成は出来るがasdの特性が強く出で情緒理解が不十分で基本的信頼感形成後の子供の成長に伴う複雑化する情緒信号を見落とし続け継続的な情緒的ネグレクトになっていき愛着障害グレーゾーンとなる、との理解でした。

今回のKindle本を受けての質問タイトルに戻りますが、目に見える虐待はなく、目に見えない虐待だけの場合(情緒的ネグレクトだけの場合)、愛着(基本的信頼感)は形成されてるという理解でよろしいでしょうか…?訂正頂けましたらありがたく細かい質問を申し訳ありません。

質問は回答が閉め切られています
ソレア心理カウンセリングセンター 公開状態を変更しました 2024年2月7日