お悩み相談室

ソレア心理カウンセリングセンター

2019.11.22 |こころカフェ

【佐々木希のセックス依存症ドラマ】風俗依存のパターン★性依存 愛着障害 さいたま






セックス依存は、依存症という一つの視点からだけでなく、多面的に見て治療していく必要があります。これはセックス依存だけに限らず、依存症全般に言えることでしょう。今回は性依存を4つのパターンに分けて、その中でも分かりづらい愛着形成が問題だった人々について考えてみます。





セックス依存、風俗依存、その他の依存症のご相談は、ソレア心理カウンセリングセンターへ。





相談する 



雨が降ると君は優しい





Huluオリジナルドラマ、野島伸司脚本のこのドラマはセックス依存症の妻(佐々木希 役)を描いたものです。私は見たことはありません。脚本の野島氏は家なき子など問題作を提供してきた作家です。





「妻が不特定多数の男と体の関係を持ってしまうのはこころの病だと知ったとき、夫は妻を愛しぬくことができるのか」ということがテーマのようです。





佐々木希が、下記の(4)のパターンの人で、その中でも特異な人なのか、よく分かりませんが、(4)の人は、セックス以外でもどのような行動パターンをするのかがちゃんと描かれているか興味あるところです。





例えば(4)の人の特徴として、ケチ、物欲がない、グチは言わない、休みなく働く、新しものが好き(古いものへ愛着を持たない)、持ち家(借家ではない!)をどんどんと変える、パートナーへ優しい、などがあります。





風俗依存のパターン





佐々木希のドラマでも分かるように、女性でも男性でもセックスに依存することはあります。男性の場合は風俗依存という言葉でも語られますが、大きく見ていくと性依存ということになります。





性依存は依存症でありますが、私的には4つのパターンに分かれると思っています。これはあくまでも高間の分類なので、一般的であるかどうかは分かりませんが、この分類をすることで、相談者の方にどのように対応していけばいいのかが、ある程度の目安になりますので、ここで公開しておきます。





このパターンを知らずに性依存への対応は?と、視線が性依存だけに偏ってしまうことで治療を難しくさせてしまうので、視界を広げる意味でも、ぜひ使ってみてください。また実際に性依存の方にとっては、そういう視点でご自身を振り返ってみることも、もっと客観的に自分を見ることができるので良いことでしょう。また当事者の家族の方にとっても、当事者がどのようなことで苦しんでいるのかが分かるので良いことでしょう。





4つのパターンとは、





(1) 仕事などストレスがかかっている人が憂さ晴らしをするため
(2) 未熟な人が快感に走る
(3) 発達に問題のある人が快感を求め続ける
(4) 愛着に問題ある人が恐怖を緩和するため





(1)~(3)については容易に想像がつくと思いますので、今回は(4)についてのお話しです。(4)については奇妙な行動と映るかもしれません。





愛着に問題のある人は、他人が怖いので、セックスなどという身体接触を嫌悪する人が多いです。ですから性依存にはならない場合が多いです。だから(4)で性依存になるケースというのは稀であるという視点をまず持つことです。実は性依存のように見えても、相手が求めてくるから、相手に合わせて付き合っているだけ、という場合もあるからです。これは性依存ではありません。相手に自分を合わせているだけですから。





(4)の人で、何人もの異性をキープしている人は、恐怖へ対応するための戦略と考えられます。快感によって恐怖を忘れるために一人ではダメなのです。不特定多数くらいのスペアをたくさんもっておく必要があります。





また特定の一人との深い愛着が怖いので、多数の異性を持つという(4)の人々もいます。こちらは結構居るように思います。これらは依存症ではありません。セックスにハマっているわけではないのです。(1)~(3)の人は依存になりやすいですが、(4)は依存にはなりにくいです。





薬物の代わりと思ってもよいかと思います。薬物はセックスよりも何十番も強烈といいます。しかし、薬物は脳を破壊するし法律上厳しく問われます。ですからセックスでしのいでいるのです。





(4)の人が性依存的になる場合、年上の異性をキープすることが多いです。これは異性を求めているのではなく、親つまり養育者を求めているわけです。人によっては母親と大して年が変わらない異性がいたりします。マザコンのように見えます。精神的に親を求めているのです。親を諦めきれない。





これとは違って(4)の人で年下ばかりを求めている人もいます。20代前半の異性とか。この人々は親を求めているわけではないように見えます。精神的に親を求めていることを諦めてしまっていて、単純にセックスの快感だけに溺れているようにも見えます。ここは(4)だと分っていないと、(1)~(3)の人々と何ら変わらないように見えてしまいますね。そこが分かっていないと治療に失敗する可能性も出て来ます。





(4)で年下とのセックスの快感に溺れている人は、愛着への不信感がかなり重症と見ることもできます。時間をかけたカウンセリングが必要になってくるでしょう。そうしないといずれ薬物に手を出すことになるかもしれません。そうなってくると治療はもっと難しくなります。


ソレア心理カウンセリングセンター